High Room神戸&京都の求人Blog

京都&神戸 メンズエステ ハイルームの女性求人専用ブログです♪ メンズエステのお仕事に関して、給料システム、ハイルームの日常など、毎日ブログ更新中です! ご不明な点はお気軽にお問合せください★

ハイルームの求人ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます

本日はハイルームで働いていみたいけれど、少し悩んでいる・応募を躊躇してしまっているという女性へ、少しでも応募のきっかけになればと思いブログを更新しています。

面接時に、『HPを見る限り在籍セラピストさんは綺麗な女性ばかりだと思うのですが、私で大丈夫ですか・・・?』と不安げに聞かれることが多くあります。

sirabee20180717phone2-1200x800

確かに綺麗な女性が多く在籍されいらっしゃいますが、HPの写真は美しく写るようにライトアップしたり、足が長く見える角度で撮ったりとなんらかの工夫をしています。お客様の信用を損なうことがありますので、過度の修正は行っておりませんが、どのような女性でも美しく綺麗に写るような努力はしております。
ですので、『それは気にしないでください。大丈夫です。大切なのはお客様に満足をしていただくための“おもてなしの心”です』とお答えさせていただいてます。

容姿がお仕事に関してまったく関係ない業界ではありませんが、それよりも大切なのはおもてなし精神なんです。
例えば下記のような2名の女性がいたとします。

A. 一般的に誰が見ても綺麗で可愛くてスタイルも良いが、愛想がなくマッサージも事務的に淡々と行う女性。
B. 容姿は一般的に普通レベルですが、笑顔が絶えずにお客様の満足のために親身に尽くしてくれる女性。

この2名でより人気のセラピストさんはどちらだと思われますか?


正解はBの女性です。その差は顕著で、圧倒的にBの女性だと言えます。お客様が求めているのは“精神的満足”であり、女性の温もりや優しさを求めてハイルームにお越しいただきます。そのため、ルックスよりもサービスが非常に重要なお仕事であると断言できます。

もちろん見た目が良いということも人の魅力の一つですので、その点もアピールポイントになることは確かなのですが、それ以上に大切なことがあるということを知っていただければと思います
容姿に自信がなかったとしても、清潔感があり、お客様に対するおもてなし精神のある女性であれば、ハイルームで多くの収入を得ていただくことが可能でございます

もしハイルームに興味はあるけど自信がない・・・という女性がいらっしゃいましたら、ぜひお気軽にご相談くださいね

長々と書いてしまいましたが、ここまでご覧いただきありがとうございました


高待遇・完全個室待機・完全自由出勤・稼げるお店ですニコニコ



↑詳しい求人情報はコチラ↑

HighRoom_logo_kyoto.kobe160_160
京都・神戸メンズエステ
High Room~ハイルーム~

《TEL》求人直通 080-7200-9011
《MAIL》
【京都駅前店】kyoto.highroom@gmail.com
【神戸三宮店】kobe.highroom@gmail.com
《オフィシャルHP》

《営業時間》11時~24時
《Access》
【京都駅前店】各線京都駅より徒歩2分
【神戸三宮店】各線三宮駅より徒歩5分
《LINE ID》求人専用































お仕事はしているけれど、生活に余裕がないという女性はたくさんいます。そのために副業を考えていても、本業が忙しい女性であれば他のアルバイトやパートをすることがそもそも難しかったり・・・。

日雇いのお仕事もあるにはありますが、手続きが面倒だったり、実は1日にもらえる上限額が決まっていて残金は後日振込みだったり・・・。

しかし、
ハイルームは働く女性を応援しています!

稼ぎ


 ●ハイルームは正真正銘完全自由出勤です。
出勤が少ない日に、『この日出勤少ないのですが、入れませんか?』とお声がけはさせていただきますが、出勤の強制は一切しません。本業が忙しい女性にも働きやすい環境があります。

 ●毎日が給料日!完全日払いのお仕事です。
希望を出していただければ、週給、月給でお支払いさせていただくことも可能です。

 ●1人で快適!完全個室待機です。
面倒な人間関係は一切ございません。基本的にスタッフとお客様以外と顔を合わせることは一切ありません。自分のペースでお仕事をしていただけます。

ハイルームは、Wワーク大歓迎です!現在在籍しているセラピストさんの半数以上は本業で別のお仕事をしています。

時間が空いているとき、無理のない範囲で出勤をして下さい♪

週一回からでも大歓迎です

高待遇・完全個室待機・完全自由出勤・稼げるお店ですニコニコ

求人ページはコチラ!

オフィシャルサイトはコチラ

HighRoom_logo_kyoto.kobe160_160
京都・神戸メンズエステ
High Room~ハイルーム~

《TEL》求人直通 080-7200-9011
《MAIL》
【京都駅前店】kyoto.highroom@gmail.com
【神戸三宮店】kobe.highroom@gmail.com
《オフィシャルHP》

《営業時間》11時~24時
《Access》
【京都駅前店】各線京都駅より徒歩2分
【神戸三宮店】各線三宮駅より徒歩5分
《LINE》求人専用
































ハイルームの求人ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます

いいところ

メンズエステの店舗数は日々増え続けており、業界は非常に賑わっている現状です。どんどん新しいお店が増え続けると業界自体は盛り上がりますが、忙しいお店とそうでないお店の差が顕著になります。求人情報を見て『ここのお店はよさそう!』と応募をしたにも関わらず、実際に入店をしてみると、全然お仕事をもらえず、稼げなかったというのはよく聞く話です。
当店High Roomも、今流行のマッサージ店の一つであり、サービス内容に関しましても風俗的サービスのない全身のオイルマッサージになります。あくまでも普通のマッサージ屋さんではありますが、ハイルーム特有のいいところをご紹介させていただきます

①お部屋がきれい
マッサージルームの綺麗さ、清潔さをうたっているお店は多くありますが、ハイルームはその中でもかなり綺麗なルームであると自負しております。新築マンションで、備品も全て新品。毎日数時間かけてスタッフが清掃をしております。お客様が使用するスリッパや体を洗うタオルも全て使い捨てのものを使用し、衛生面でここまで徹底をしているお店はなかなかありません。

②完全自由出勤
当店のコンセプトの一つとして、『女性が働きやすい職場を作る』ということがあります。不満や悩みを抱えている状態では、お客様に万全の接客はできません。他店では『明日女性が少ないから出勤して!』としつこく言われることもあるようですが、当店はそのようなことはしません。もちろんお声がけはさせていただきますが、無理やりな出勤の強要は絶対にないお店です。全てはお客様のために、女性が働きやすい環境を作っていけるよう、スタッフは日々精進しております。



③未経験者も大歓迎な研修システム
完全未経験の女性でも安心してご応募下さい。『私でも大丈夫かな・・・』と、不安な気持ちを抱えている女性がいらっしゃいましたら、『絶対大丈夫ですよ』と断言できます。他店では長く在籍をしているセラピストが、流れをぱぱっと教えるだけということもあるようですが、当店では、『教えることに特化した』専門の講師が、1から技術をお教えいたします。技術に自信がなければ良い接客はできません。納得のいくまで、研修はさせていただきます。努力次第では、一日で研修を終えることもできますよ。もちろん経験者の研修免除は当店でもあります。もともと持っている手技を、当店の手技に強制的に変えることはしません。経験者の方は、一通りの技術チェックをさせていただいて、問題がなければすぐにお仕事に入っていただけます。



④安定した収入
当店は多くの有料広告サイトに掲載をしております。新規顧客獲得のための経費は惜しみません。まだまだ新しいお店ではありますが、新規のお客様の数は他店には劣りません。

⑤努力が報われる給与システム
女性のお給料が一定であるお店は多いです。どれだけ指名を取れるセラピストでも、取れないセラピストと給料が同じでは、モチベーションは上がりません。当店では、勤務態度によって、毎月給料が上昇するシステムを設けております。頑張っている女性を応援するために、その感謝の気持ちを女性のお給料に還元するのです。



⑥スタッフの対応
当店は高級店ではありませんが、『一流の接客』を心がけております。それは女性だけでなく、スタッフにも厳しく指導があり、電話受付の際の敬語、声のトーン、迅速な対応など、全てをクリアしていないと、電話を取ることさえも許されません。あくまでもお客様が当店に第一印象を持つタイミングは受付のタイミングであり、それをいい加減な対応をしていると、不安要素を抱えながらお客様が来店をされることになります。そのようなことのないように、スタッフにも厳しい研修があるのです。


最後に・・・ハイルームは、一人一人の女性を大切に、責任を持って稼がせてあげたいと思っております。一人でも大きな不満を抱えてしまていては、良いお店であるとは言えません。全ての在籍女性と親身に向き合い、『ハイルームに入って良かった!』と、心の底から思っていただけるように、日々精進しております。ぜひ一度、そんなハイルームでお仕事をしてみませんか?

高待遇・完全個室待機・完全自由出勤・稼げるお店ですニコニコ

求人ページはコチラ!

オフィシャルサイトはコチラ
HighRoom_logo_kyoto.kobe160_160

メンズエステ 
ハイルーム京都&神戸

《営業時間》11:00~24:00
(受付10:30~23:00)
《TEL》 080-7200-9011
《MAIL》 メールはコチラ
《LINE ID》求人専用

 友だち追加

















ハイルームの求人ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます

本日は変わりゆくメンズエステ業界のお給料事情に関してお伝えさせていただければと思います

10年ほど前から、風俗的サービスの伴わないルーム型(マンションタイプ)マッサージサロンが増えはじめ、今では店舗数もかなりの数になっています。店舗数が多いため、どこのお店に行くかを迷われている女性も多いのではないかと思います。
High Roomがオープンして間もなく5年になりますが、その当時と比べてもお店の数やお給料の相場が大きく変わっています。

mark_chuui


まずはじめにお伝えしたいことは、

お給料が高いお店が増えている

ということです。求人情報のサイトなどを見ていると、『90分10,000円~』『80%バック』など、一昔前からは考えられない程の高額なお給料システムがよく見られます。働く側からしますと、お給料は高いに越したことはないですが、その裏にあるカラクリをご説明させていただきます


例えば下記のような2店舗があったとします。

A店 90分コース お客様支払い12000円 お給料6000円
B店 90分コース お客様支払い16000円 お給料10000円

セラピスト目線で言いますとB店のお給料が高いお店に行きたいと思うはずです。しかしお客様目線に立った場合はどうでしょう。同じ風俗的サービスを伴わないメンズエステのお店に行く場合、安い方を選ぶ方がほとんどではないでしょうか?それでもB店にお客様が行かれる理由は・・・

風俗店でも、料金が高く設定されているお店は本番行為があるのが暗黙のルールとなっています(違法ではありますが)。メンズエステ業界でもそれは同じであり、B店程の料金システムであれば、そのようなサービスをしないといけない環境である可能性が高いと言えます。お店からは風俗的サービスはしなくていいと言われていたとしても、お客様から『高いお金を払っているんだから』と、そもそも高額の料金設定から風俗的サービスがあるという前提で来られるお客様がほとんどなんです。
そのため、お給料の高さを全面的にアピールをしているお店は、過度なサービスを求められる可能性があることは念頭に置いておくべきかと思います

そして、B店のようにお給料は高いお店ですが、風俗的サービスがないお店も中にはあります。風俗的サービスがないのであれば、お給料の高いB店の方がいいと思ってしまいますよね
再度お客様目線に立ってみましょう。同じサービス内容であるなら、料金が安いA店にほとんどのお客様が行かれるはずです。中には高級志向のお客様もいらっしゃるかとは思いますが、それは少数です。
そのため、『高額なのに健全店』という噂が回って、お店が流行らなくなってしまいます。出勤をしてもお客様からのオーダーがなく0で終わると言ったこともよく聞く話です。どれだけお給料が高くても、お仕事がつかなければ0のままなんです

そのような理由で、ハイルームに面接に来られる女性も非常に多いです。高級店で風俗的サービスを強要され辛い経験をしたり、お仕事がつかなくて結局は稼げなかったり・・・

何事もバランスが非常に大事です。お客様が求める価格帯、それに伴ったサービス内容、サービスに見合ったお給料、これらのバランスが崩れてしまうと、お店としてのバランスも崩れていってしまいます。


ではなぜお給料を高額に設定するお店が増えてきているのでしょうか?

・求人が集まらないから
・周りの店舗が上げているから便乗をしている
・風俗的サービスありきで営業をしている

このような理由が挙げられるかと思います。特に求人が集まらないから上げざるをえない店舗は非常に多いかと思います。セラピストさんがいないと成り立たない業界ではありますので、それはしょうがないことなのかもしれません・・・ですがお給料を上げるためにコース料金を上げてしまうと、先程お伝えしたような風俗的サービスを求められるお店になってしまうのです。何事にも適正価格がありますので、やはりそれ相応のサービスを求められるのは自然なことなのかもしれません

以上が高級店のお給料システムやサービス内容に関してのご説明になります高級店全てが上記に当てはまるということはございませんので、そのことも合わせてお伝えさせていただきます。あくまでもそのような傾向にあるということをお伝えさせていただきました

High Roomはオープン以来お客様が求める適正価格を変えていません。そのため、リピーターさんが非常に多いお店です風俗的サービスがない稼げるお店として日々営業をしております。
お客様が多いとセラピストさんが稼ぐことができます。収入が上がることによってセラピストさんのモチベーションも上がって、お客様により良いサービスをお届けできます。そのバランスを保てるように、集客とセラピストさんの働きやすい環境作りに努めています

何の特徴もない、ただ女性が働きやすい健全店で有り続けることだけをモットーに5年間営業を続けてきましたおかげさまで多くのセラピストさんに在籍をしていただき、毎日賑わっていますまだまだセラピストさんを大募集しておりますので、お気軽にお問い合わせくださいね


高待遇・完全個室待機・完全自由出勤・稼げるお店ですニコニコ

↑詳しい求人情報はコチラ↑

HighRoom_logo_kyoto.kobe160_160
京都・神戸メンズエステ
High Room~ハイルーム~

《TEL》求人直通 080-7200-9011
《MAIL》
【京都駅前店】kyoto.highroom@gmail.com
【神戸三宮店】kobe.highroom@gmail.com
《オフィシャルHP》

《営業時間》11時~24時
《Access》
【京都駅前店】各線京都駅より徒歩2分
【神戸三宮店】各線三宮駅より徒歩5分
《LINE》求人専用


























こんにちはニコニコ今日もハイルームは元気に営業しております音譜 
今日はハイルームでの収入例についてお話させていただこうと思いますチョキ メンズエステのお仕事は、男性のお客様に女性がマッサージをするお仕事ですが、夜のお仕事ではありません。マッサージをするだけですので、昼職に分類されます。そのため、特別な資格なしに女性ができるお仕事の中では、一番稼げるお仕事であると言えます!!

 
ハイルームでの1日の収入例
~12時~22時出勤の場合~
12時~120分(フリー) 
15時~90分(ネット指名) 
17時~150分(本指名) 
20時~120分(フリー) 

このように、1日に4名のお客様を接客したとします。上記の例でいくと、1日の収入合計が3万円を簡単に超えます。指名本数や、勤務態度によって給料の基準がさらに上がりますので、努力次第でお給料はどんどんと上がっていきます。

~12時~18時の場合~
12時~120分(ネット指名)
15時~90分(本指名)
17時~60分(フリー) 

6時間の出勤でも、上記のように3名のお客様を接客した場合、お給料は2万円を超えます。コースの長さによって、お給料は変動いたしますが、ハイルームでは高いバック率と昇給制度によってたくさん稼いでいただくことができますニコニコ 

※(フリー)とは、お客様がセラピストを指名していないお仕事です。 
※(ネット指名)とはお客様がHPで写真を見てセラピストを指名したお仕事です。
※(本指名)とは、一度接客をしたお客様に再度指名をしていただいたお仕事です。

本指名でのお仕事が一番お給料が高くなります。 ハイルームでは、毎月昇給がございますので、頑張れば頑張るだけお給料がどんどんと上がっていきますアップ基本的にメンズエステの業界はお給料が高めに設定されていますが、どれだけお仕事を頑張っていても、元のお給料設定が高いため、昇給はあまりありません。女性のモチベーションが下がっていますと、お客様にいい接客をすることができません。そのため、ハイルームでは女性にやりがいを持ってお仕事をしていただける環境作りをさせていただいております。 もし、少しでもハイルームに興味を持っていただきましたら、お気軽にお問合せ下さいねニコニコご納得いただいた上でお仕事を始めていただきたいので、面接のみ、体験入店のみでも大歓迎です!! ハイルームでは元気にお仕事をしていただける女性セラピストさんを随時募集しております! 



↑詳しい求人情報はコチラ↑

HighRoom_logo_kyoto.kobe160_160
京都・神戸メンズエステ
High Room~ハイルーム~

《TEL》求人直通 080-7200-9011
《MAIL》
【京都駅前店】kyoto.highroom@gmail.com
【神戸三宮店】kobe.highroom@gmail.com
《オフィシャルHP》

《営業時間》11時~24時
《Access》
【京都駅前店】各線京都駅より徒歩2分
【神戸三宮店】各線三宮駅より徒歩5分
《LINE ID》求人専用


























このページのトップヘ